最終更新日 2018-11-25
Midorigaoka Evangelical Christ Church 更新概要
PCによるサイト英語翻訳はこちら/携帯版はこちら  


Midorigaoka Evangelical Christ Church

あなたの街のあなたの教会

「緑が丘福音キリスト教会」へ、ようこそ!
本サイトをご覧くださり、ありがとうございます。
本教会は、旭川市緑が丘地域の住宅地に位置しています。

本教会は、「福音的聖書信仰に基づくプロテスタント教会」です。
聖書のメッセージは、時空を超えて、現代に生きる我々の心に響きます。
それは、あなたと世界に、勇気と希望の光を輝かせます。

クリスチャンではない方も、気軽に立ち寄れる、明るい教会です。
小さなお子様から、あらゆる世代が、いきいきと集っています。
個人的にお尋ねになりたいことや、ご相談にも応じます。
お気軽に、ご連絡ください。(連絡先は下表をご覧ください。)

あなたのために、いつでも教会は開かれています。
どの集会でも、自由に御参加頂くことができます。
あなたのおいでを、心よりお待ちしております。




教会についての情報

教会 名称 緑が丘福音キリスト教会(略称:緑が丘教会)
所属 日本福音キリスト教会連合(略称:JECA)
住所 〒078−8811 北海道旭川市緑が丘南1条1丁目2-1
電話 教会 0166−65−0028(留守電・ファックス兼用)
教師 牧師 佐藤 愛美
集会案内 日曜日10:00−10:30 祈り会
日曜日10:30−12:00 主日礼拝
 ※冬期(12月から3月は)10:45から
聖書の学びと祈り会は第一水曜日午前10:30から
サイト PC版URL   http://midorigaokac.web.fc2.com/
携帯版URL  http://midorigaokac.m.web.fc2.com/
 アクセス JR富良野線:緑が丘駅から徒歩8分
旭川電気軌道71・80・81・82・83・84:緑が丘4条3丁目バス停から徒歩8分
道北バス39・40・41・45:神楽岡14条9丁目グリーンヒルズ団地バス停から徒歩10分
 QRコード  http://midorigaokac.web.fc2.com/

地図・アクセス


つぎのリンク先に地図が表示されます。

googleマップにおける本教会の位置表示

yahoo地図における本教会の位置表示

https://www.youtube.com/watch?v=zC617kE1maU へのリンク
主はわがすべて(You are my all in all :Dennis Jernigan)

>このページの先頭に戻る
>トップページに戻るto TOP



Midorigaoka Evangelical Christ Church

本教会の理念

本教会は次の理念を持って運営されています。
理念  私たちは、神を愛し、お互いを愛することによって
 神の栄光を表しましょう。
ビジョン  私たちは、主にある共同体として、
 信仰のある祈りと生き生きとした礼拝を通して神への愛を表し、
 小グループの交わりと証の生活を通じて互いに愛し合います。
 これを全心、全霊、全力をもって行います。
教会標語

みことば
 「私たちは、神の栄光をキリストの愛によって証しします。」
 「そこで、イエスは彼に言われた。『心を尽くし、思いを尽くし、
  知力を尽くし、 あなたの神である主を愛せよ。』・・・
  『あなたの隣人をあなた自身のように 愛せよ。』マタイ22:37,39 

2018年のテーマ:「日々、みことばに親しもう!」

「この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行うためである。」
ヨシュア18


2017年のテーマ:「全能の神の前を歩もう!」
アブラムが99歳になったとき主はアブラムに現れ、こう仰せられた。 「わたしは全能の神である。あなたは私の前を歩み、全き者であれ。」創世記17:1

2016年度のテーマ:「互いを大切にしよう!」
 「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。」ローマ12:10

2015年度のテーマ:「神を愛せよ!」
 「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8:28

2014年度のテーマ:「神を求めて行こう!(求神)」
 「わたしを呼べ、そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。」エレミヤ33:3

2013年度のテーマ:「キリストの体として前進しよう!」
 「キリストのよって、からだ全体は、一つ一つの部分が、その力量にふさわしい働く力により、ただ、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちにたてられるのです。」エペソ4:16

2012年度のテーマ:「主とともに前進しよう!」
 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。恐れてはならない。おののいてはならない。」申命記31:8
*神と人の共同作業であるなら、本当に良いものが生まれる。

2010〜2011年度のテーマ:「光を輝かせよう」
 「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」マタイ5:16

2009年度のテーマ:「キリストの手紙」
 「あなたがたが私たちの奉仕によるキリストの手紙であり、墨によってではなく、生ける神の御霊によって書かれ、石の板にではなく、人の心の板に書かれたものであることが明らかだからです。」第2コリント3:3

2008年度のテーマ: 「聖なる民」
 「あなたは、あなたの神、主の聖なる民だからである。あなたの神、主は、地の面のすべての国々の民のうちから、あなたを選んでご自分の宝の民とされた。」申命記7:6

 「キリストの愛によって」
私たちは、神の栄光を、キリストの愛によって、証しします。
神は、ひとり子、世に遣わされ、私たちの代わりとした。
十字架にかかり、罪を背負われ、苦しみ受けられた。
よみがえられたイエスは、今も生きておられる、尊き救い主。
主よあなたを、愛し仕える、その御名褒め称え。
私は友を愛し、主の恵み伝えます、グローリー、ハレルヤ、アーメン。 

北海道JECAの年間テーマ

2018年度のテーマ:「神を恐れる」
 「結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神よ恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」伝道者の書12:13

2017年度のテーマ:「聖書信仰に立つ」
 「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」Uテモテ3:16-17

2016年度のテーマ:「世に勝つ」
 「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては艱難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」ヨハネ16:33

2014年度のテーマ:「聖め」
 「そのとき弟子たちに言われた。収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」マタイ9:37-38
  ・ 「御霊によって聖なる者とされて」Tペテロ1:1-16
  ・ 「聖められることを追い求め」コロサイ3:1-17
  ・ 「へりくだり、従い、ささげて歩む」ヤコブ4:1-10

2013年度のテーマ:「教会の建て上げ」
 「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」エペソ4章16節

2011-12年度のテーマ:宣教の実「目を上げて畑を見なさい」
 「目を上げて畑を見なさい。色づいて、刈り入れるばかりになっています。」ヨハネ4章35節
 「あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るため」ヨハネ15章16節

2010年度のテーマ:「みことばを実行する人になりなさい」
 「みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。」ヤコブの手紙1章22節

2009年度のテーマ:「聖徒の交わり」
 「万物の終りが近づきました。ですから、祈りのために心を整え身を慎みなさい。何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。」
Tペテロ4:7〜8

信仰告白(信仰内容)

本教会は以下の信仰内容を共有する団体に所属しています。
日本福音キリスト教会連合信仰告白(信仰内容)
  1. [聖書]聖書は、旧新約六十六巻からなり、すべて神によって霊感された、誤りのない神のことばである。聖書は、神が救いについて啓示しようとされたすべてを含み、信仰と生活の唯一絶対の規範である。
  2. [神]神は、唯一であり、霊なるお方である。その存在、知恵、力、聖、義、愛、真実において無限、永遠、不変である。神はその本質において一つであるが、父、子、聖霊の三位において永遠に存在しておられる。
  3. [神のみわざ]神はその主権によって万物を創造し、支配しておられる。神は、みこころのままに、罪人を救うため、時至って御子を世に遣わされた。
  4. [人間]神は人を神のかたちに創造された。最初の人アダムは神との正しい関係にあったが、サタンの誘惑により、神のみこころに背いて罪を犯し、堕落した。すべての人はアダムにあって罪を犯したので、生まれながら罪の性質を持っており、神の御怒りのもとにある。
  5. [キリスト]主イエス・キリストは、まことの神であり、まことの人である。主は、聖霊によってみごもった処女マリヤから生まれ、人類の罪のために、身代わりとして十字架の上で死に、葬られ、三日目によみがえり、天に昇られた。主は今、父なる神の右に座して大祭司の務めをしておられる。
  6. [聖霊]聖霊は、人に罪を認めさせ、新たに生まれさせて、神の子どもとされる。聖霊は、キリストを信じる者の内に住み、その人々を、この世でキリストにあって生きる者とし、キリストのかたちに形造られる。
  7. [救い]救いは、キリストの身代わりの死を信じる者に与えられる神の恵みの賜物である。罪が赦され、義と認められた者は、滅びることなく、永遠のいのちを与えられる。
  8. [教会]教会は、キリストをかしらとするからだであり、みことばの宣教により、聖霊によって新生した者の集まりである。教会は、神のみこころに従い、神を礼拝し、聖書を学び、バプテスマと聖餐の礼典を守り、福音を宣教し、主のしもべとして互いに仕え、福音のために共に戦い、愛のわざに励み、主の再臨を待ち望む。
  9. [再臨と最後の審判]主イエス・キリストは、みからだをもって再び来られる。死者はからだをもってよみがえり、すべての者がさばきの前に立つ。主は信じる者を永遠の祝福に、信じない者を永遠の刑罰に、分かち定められる。主は終わりにすべてを新たにし、御国を父なる神に渡される。
 以上のすべては聖書に根拠があります。
 もしあなたが上記の信仰告白が分からない、疑問がある、聖書を調べたい、研究したい時には、当教会またはお近くの日本福音キリスト教会連合に加盟する教会に、お気軽におたずねください。

新聖歌306番(旧聖歌の72番)
聖書の詩篇第42篇から



>このページの先頭に戻る

>トップページに戻るto TOP


Midorigaoka Evangelical Christ Church

いのりのテーマ

毎月、毎週(日曜礼拝メッセージ)、毎日のテーマとする聖書箇所と課題について祈ります。
2018年 今月のみことば
12月 「初めに、ことばがあった。言葉は神とともにあった。ことばは神であった。」ヨハネ1:1
11月 「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」詩篇119:105
10月 「人はみな草のようで、その栄は、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」Tペテロ1:24-25
9月 「ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心にうえつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。」ヤコブ1:21
8月 「みことばは、あなたがたを育成し、すべての聖なるものとされた人々の中にあって御国を継がせることができるのです。」使徒20:32
7月 「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。」マタイ4章4節
6月 「十字架のみことばは、滅びに至る人々にはおろかであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。」Tコリント1:18
5月 「まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行うことができる。」申命記30:14
4月 「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」Uテモテ3:16
3月 「生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。」Tペテロ2:2
2月 「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。」へブル4:12
1月

「この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行うためである。」ヨシュア18

2017年 今月のみことば
12月 「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。」イザヤ9:6
11月 「私たちはこのキリストにあり、キリストを信じる信仰によって大胆に確信をもって神に近づくことができるのです。」エペソ3:12
宗教改革
500周年
「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。」ローマ3:23-24
10月 「こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。」エペソ2:19
9月 「キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。」エペソ2章14-15節
8月 「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」エペソ1:23
7月 「聖霊は私たちが御国を受け継ぐことの保証です。これは神の民の贖いのためであり、神の栄光がほめたたえられるためです。」エペソ1:14
6月 「この方(イエス・キリスト)にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。」エペソ1:7
5月 「それは、神がその愛する方(イエス・キリスト)にあって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです。」エペソ1:6
4月 「わたしは全能の神である。あなたは私の前を歩み、全き者であれ。」創世記17:1
3月 「みことばを実行する人になりなさい。自分をあざむいて、ただ聞くだけの者であってはいけません。」ヤコブ1:22
2月 「神が私たちにあたえてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。」Uテモテ1:7
1月 「信仰の戦いを勇敢に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたはこのために召され、また、多くの証人たちの前でりっぱな告白をしました。」Tテモテ6:12
2016年 今月のみことば
12月 「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。」イザヤ9:6
11月 「心を尽くして主に拠り頼め、自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」箴言3:5−6
10月 「私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。神の力の岩と避け所は、神のうちにある。」詩篇62:7
9月 「私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。」Tヨハネ4:16
8月 「そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。」ローマ10:17
7月 「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」エペソ4:16
6月 「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」第1ペテロ4:10 
5月 「わたしを呼べ、そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解をこえた大いなる事を、あなたに告げよう。」エレミヤ33:3
4月 「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっているといると思いなさい。」ローマ12:10
3月 「人の子(イエス・キリスト)は必ず罪人らの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえらなければならない。」ルカ24:7
2月 「神の命令とは、私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられたとおりに、私たちが互いに愛し合うことです。」Tヨハネ3:23
1月 「しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。」ハバクク3:18,19
2015年 今月のみことば
12月 「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」ルカ2:10-11
11月 「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。」伝道者の書3:11
10月 「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。−主の御告げ。−それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」エレミヤ29:11
9月 「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」詩篇119:105
8月 「そして、彼らに言われた。「実りは多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」ルカ10:2
7月 「幸いなことよ。いつも主を恐れている人は。しかし心をかたくなにする人はわざわいに陥る。」箴言28:14
6月 「私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神の前にかぐわしいキリストのかおりなのです。」Uコリント2:15
5月 「しかし、主は真実な方ですから、あなたがたを強くし、悪い者から守ってくださいます。」Tテサロニケ3:3
4月 「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8:28
3月 「終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。」エペソ6:10-11
2月 「謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。」エペソ4:2,3
1月 「神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。」コロサイ1:13
2014年 今月のみことば
12月 「彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリアを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。」マタイ1:20
11月 「見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。」イザヤ43:19
10月 「志の堅固な者を、あなたは全き平安のうちに守られます。その人があなたに信頼しているからです。いつまでも主に信頼せよ。ヤハ、主は、とこしえの岩だから。」イザヤ26:3,4
9月 「私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう。」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」イザヤ6:8
8月 「あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。」詩篇16:11
7月 「しかし、イエスは言われた。「子どもたちを許してやりなさい。邪魔をしないでわたしのところに来させなさい。天の御国はこのような者たちの国なのです。」マタイ19:14
6月 「私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。神の力の岩と避け所は、神のうちにある。」詩篇62:7
5月 「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」マタイ11:28
4月 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。」エレミヤ33:3
3月 「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」マタイ5:16
2月 「キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。」ガラテヤ5:1
1月 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」ヨハネ15:5
2013年 今月のみことば
12月 「祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現れを待ち望むようにと教えさとしたからです。キリストは私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。」テトス2:13-14
11月 「約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。」ヘブル10:23
10月 「さあ、主に向かって、喜び歌おう。われわの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。」詩篇95:1-2
9月 「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」エペソ4:16
7-8月 「イエスは答えて言われた。『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。』と書いてある。」マタイ4:4
6月 「そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。」ローマ10:17
5月 「あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まわれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。」Tコリント6:19
4月 「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」エペソ4:16
3月 「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか、ここにはおられません。よみがえられたのです。」ルカ24:5-6
2月 「私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。」Tヨハネ4:16
1月 「聖書は何と言っていますか。「それでアブラハムは神を信じた。それが彼の義と見なされた。」とあります。」ローマ4:3
 2012年 今月のみことば 
12月 「わたしが来たのは、羊(あなたがた)がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」ヨハネ10:10
11月 「『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって。』と万軍の主は仰せられる。」ゼカリヤ4:6
10月 「主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのわざを国々の民の中に知らせよ。主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。」T歴代誌16:8-9
9月 「ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近ずこうではありませんか。」ヘブル4:16
8月 「しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。」Tペテロ2:9
7月 「わたしを呼べ、そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を超えた大いなる事を、あなたに告げよう。」エレミヤ33:3
6月 「心を尽くして主に拠り頼め、自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」箴言3:5−6
5月 「あなたがたのからだは、あながたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。」Tコリント6:19
4月 「主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです。」ローマ4:25
3月 「人は行いによって義と認められるのであって、信仰だけによるのではないことがわかるでしょう。」ヤコブ2:24
2月 「あなたは熟練した者、すなわち、真理のみことばをまっすぐに解き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。」Uテモテ2:15
1月 「信仰の戦いを勇敢に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたはこのために召され、また、多くの証人たちの前でりっぱな告白をしました。」Tテモテ6:12
 2011年 今月のみことば 
12月 「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。」イザヤ9:6
11月 「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8:28
10月 「しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝え人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。」ローマ10:14
9月 「私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この計り知れない力が神のものであって、私たちからでたものでないことが明らかにされるためです。」第2コリント4:7
8月 「ヨシャパテは立ち上がって言った。『ユダおよびエルサレムの住民よ。私の言うことを聞きなさい。あなた方の神、主を信じ、忠誠を示しなさい。その予言者を信じ、勝利を得なさい。』」第二歴代誌20:20b
7月 「信仰の戦いを勇敢に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたはこのために召され、また、多くの証人たちの前でりっぱな告白をしました。」Tテモテ6:12
6月 「しかし、聖霊があなたがたの上にのぞまれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」使徒1:8
5月 「まことに主は大いなる方、大いに賛美されるべき方、すべての神々にまさって恐れられる方だ。」第一歴代誌16:25
4月   「こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。」コロサイ3:1
 3月 「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」マタイ6:33 
 2月 「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」Tテサロニケ5:16-18 
 1月 「主があなたを祝福し、あなたを守られますように。主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。」民数紀6:24-26 
 2010年  今月のみことば 
 12月 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネ3:16 
 11月 「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。−主の御告げ。-それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」エレミヤ29:11 
 10月 「主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。」エレミヤ17:7-8 
 9月 「あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、主を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。」ホセア10:12 
8月 「・・・希望は失望におわることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」ローマ5:5 
 7月 『全地よ。主に歌え。日から日へと、御救いの良い知らせを告げよ。主の栄光を国々の中で語り告げよ。その奇しいみわざを、すべての国々の民の中で。」第1歴代誌16:23,24 
6月 「私たちは私たちの神、主に仕え、主の御声に聞き従います。」ヨシュア24:24 
 5月 「あなたは熟練した者、すなわち、真理のみことばをまっすぐに解き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。」第2テモテ2:15 
 4月 「しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。」第1コリント15:57 
 3月 「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」第1ペテロ4:10 
 2月 「何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願によって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。」ピリピ4:6 
 1月 「・・・愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力をもつようになり、人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。・・・」エペソ3:17-19 
2009年 今月のみことば
12月  「わたし(イエス・キリスト)が天から下って来たのは、自分のこころを行うためでなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。
わたしを遣わした方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしがひとりも失うことなく、ひとりひとりを終わりの日によみがえらせることです。」ヨハネ6:38,39
11月  「・・・主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。」イザヤ40:28,29
10月  「ハレルヤ。主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。そのめぐみはとこしえまで。だれが主の大能のわざを語り、そのすべての誉れをふれ知らせることができよう。」詩篇106:1,2
9月 「キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。」テトス2:14 
8月  「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊厳をもって互いに人を自分よりまさって
いると思いなさい。」ローマ12:10
7月  「しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。」ヨハネ20:31
6月  「主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」第2ペテロ3:9
5月  「あなたは熟練した者、すなわち、真理のみことばをまっすぐに解き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。」第2テモテ2:15
4月  「あなたがたが私たちの奉仕によるキリストの手紙であり、墨によってではなく、生ける神の御霊によって書かれ、石の板にではなく、人の心の板に書かれたものであることが明らかだからです。」第2コリント3:3

主日礼拝の予定

日曜日10時30分からの礼拝の予定です。
※12月から3月までの冬期間は10時45分から
2018年 礼拝メッセージ
11月25日 「不信仰な者の信仰」マルコ9:14-29
11月18日 「神のことばが成し遂げる」ヨシュア11:16-23
11月11日 「失われた人が帰る喜び」ルカ15:1-32
11月4日 「みことばを握る」ヨシュア11:1-15
10月28日 「神に聞き従う」ヨシュア10:28-43
10月21日 「エリヤとルター」T列王記21:1-29
10月14日 「あなたの敵を踏みつける」ヨシュア10:16-27
10月7日 「神が人の声を聞き入れられた」ヨシュア10:1-15
9月30日 「愛のうちに建てられる教会」エペソ4:1-16
9月23日 「ギブオンの人々の救い」ヨシュア9:16-27
9月16日 「謀られた契約」ヨシュア9:1-15
9月9日 「読み上げられた祝福とのろい」ヨシュア8:30-35
9月2日 「勝利を得させる神」ヨシュア8:18-29
8月26日 「主イエス様が賛美と誉と栄光を受けるために」マタイ21:1-11
8月19日 「失敗から立ち上がる」ヨシュア8:1-17
8月12日 「示された罪の告白」ヨシュア7:16-26
8月5日 「神を裏切った人」ヨシュア7:1-15
7月29日 「崩された城壁」ヨシュア6:16-27
7月22日 「閉じられた門」ヨシュア6:1-11
7月15日 「戦われる神」ヨシュア5:1-9
7月8日 「やんだマナ」ヨシュア5:10-12
7月1日 「恥を除かれる神」ヨシュア5:1-9
6月24日 「神の国が近づいた」マルコ1:9-20
6月17日 「神を恐れる」ヨシュア4:19-24
6月10日 「目を覚ましていなさい」マルコ13:31-37
6月3日 「神による前進」ヨシュア4:10-18
5月27日 「約束の聖霊」使徒2:1-13
5月20日 道北聖会「変わる言葉、変わらない福音〜教会のわざとしての聖書翻訳」
「聖名が聖なるものとされますように」マタイ6:9-13
「私たちも…赦します」マタイ6:9-15
5月13日 「信仰の記念碑」ヨシュア4:1-9
5月6日 「道を開かれる神」ヨシュア3:14-17
4月29日 「僕をとおして働かれる神」ヨシュア3:7-13
4月22日 「行くべき道を知るために」ヨシュア3:1-6
4月15日 「神からの希望を現す」ヨシュア2:15-24
4月8日 「復活の主の語りかけ」ヨハネ20:11-18
4月1日 「動いた墓石」ルカ24:1-12
3月25日 「十字架上の三人」ルカ23:39-43
3月18日 「ラハブの証と嘆願」ヨシュア2:8-14
3月11日 「古くて新しい命令-互いに愛し合うこと」Tヨハネ2:7-11
3月4日 「キリストに倣って生きる-倣うべき模範者イエス」Tヨハネ2:1-6
2月25日 天を見つめたステパノ」使徒の働き7:54-60
2月18日 「二人の人を匿った遊女」ヨシュア記2:1-7
2月11日 「神の愛と信じる自由」Uコリント5:17-21
2月4日 「神の身代わり・イエス」Tヨハネ2:1-6
1月28日 「神の前に約束を果たす」ヨシュア1:12-18
1月21日 「信仰をもって備える」ヨシュア1:7-11
1月14日 「罪の告白と赦し」Tヨハネ1:8-10
1月7日 「光の中を歩む」Tヨハネ1:5−8
元旦 「みことばに立って生きる」ヨシュア1:1-9
2017年 礼拝メッセージ
12月31日 「神の前に全き者であれ」創世記17:1-2
12月24日 「インマヌエルのイエス‐喜び祝うクリスマス」マタイ1:18-25
12月17日 「系図と神の愛」マタイ1:1,16-17
12月10日 「系図にある人の罪と神の愛」マタイ1:1-17
12月3日 「最初の系図がある理由」マタイ1:1-6
11月26日 「世に示された神の知恵」エペソ3:1-13
11月19日 「交わりの喜び」Tヨハネ1:1-4
11月12日 「聞き、見、触った命」Tヨハネ1:1-4
11月5日 「命の息を吹き入れられる」創世記2:4-9
10月29日 「神の恵みによる正しさ」ローマ3:23-24
10月22日 「高慢を砕かれる神」エゼキエル31:10-14
10月15日 「イエスの問われた愛」ヨハネ21:15-19
10月8日 「信仰者の気づき」ヨブ記42:1-6
10月1日 「キリストによって建てられる」エペソ2:18-22
9月24日 「悲嘆から歓喜へ」創世記21:1-7
9月17日 「神によって近づけられる」エペソ2:11-18
9月10日 「神は祈りを聞かれる」創世記20:8-18
9月3日 「キリスト者の罪」創世記20:1-7
8月27日 「神はあなたを覚えておられる」創世記19:23-29
8月20日 「神の愛が人を新しくする」エペソ2:1-10
8月13日 「恩寵は不変-救いは必ず実現する-」創世記19:17-22
8月6日 「キリストのおられるところ」エペソ1:15-23
7月30日 「手を伸べられる神の恩寵」創世記19:15-22
7月23日 「神が与える永遠の保証」エペソ1:13-14
7月16日 「人の誠実さと罪への麻痺」創世記19:6-14
7月9日 「人間の罪の現実」創世記19:1-5
7月2日 「懸命なとりなし」創世記18:16-33
6月25日 「神があふれさせた恵み」エペソ1:7-12
6月18日 「人間交流の源〜聖霊の力(2)」使徒2:1-13
6月11日 「人間交流の源〜聖霊の力」使徒2:1-13
6月4日 道北聖会「黙れ、静まれ」マルコ4:35-41
5月28日 「想定外の喜び」創世記18:9-15
5月21日 「愛は走る」創世記18:1-8
5月14日 「ほめたたえられるべき神」エペソ1:1-6
5月7日 「父の約束を待ちなさい」使徒1:1-11
4月30日 「信仰の目を上げて」マルコ10:46-52
4月23日 「神にかたどって人は創造された」創世記1:20-31
4月16日 「復活の主の愛」ヨハネ21:15-19
4月9日 「十字架の上と下で」ヨハネ19:17-27
4月2日 「絶望を笑いに」創世記17:19-21
3月26日 「キリスト・イエスの模範」ピリピ2:1-11
3月19日 「神を笑った男」創世記17:15-21
3月12日 「契約のしるしー信仰の表明2」創世記17:9-14
3月5日 「契約のしるしー信仰の表明1」創世記17:9-14
2月26日 「あなたの神となる」創世記17:6-8
2月19日 「契約の神」創世記17:6-8
2月12日 「新しい名で生きる」創世記17:3-5
2月5日 「祝福の源とされる」創世記17:3-5
1月29日 「わたしは、わたしの契約を立てる」創世記17:1-2
1月22日 「地は草を芽生えさせる」創世記1:6-13
1月15日 「主の使命に生きる一年を」マルコ1:1-8
1月8日 「マリアが示した大きな愛」ヨハネ20:1-18
1月1日 「神の前に全き者であれ」創世記17:1-2
2016年 礼拝メッセージ
12月25日 「神の愛に不可能なし」ルカ1:35-38
12月18日 「恥を除く愛」ルカ1:18-25
12月11日 「御使いのメッセージ」ルカ2:8-15
12月4日 「民を整える愛」ルカ1:13-17
11月27日 「救いの始まりのすばらしさ」ルカ1:5-13
11月20日 「神の国の家族の祈り」使徒1:12-14
11月13日 「神の家族の使命と光栄」使徒1:8-11
11月6日 「聖霊による宣教の方向」使徒1:6-8
10月30日 「神の家族の礎〜復活の主との40日間」使徒1:1-5
10月23日 「私は罪人のかしら」Tテモテ1:15-17
10月16日 「神は光と闇を分けられた」創世記1:1-5
10月9日 「ただ、神の恵みにより」ローマ3:21-24
10月2日 「神の言葉を預かる者に」Tコリント14:1-5
9月25日 「最高の出会い」マルコ5:21-34
9月18日 「主はぶどうの木」賛美礼拝
9月11日 「愛は忍耐強い」Tコリント13:1-13
9月4日 「主の晩餐にあずかる」Tコリント11:23-34
8月28日 「主が共におられるから」士師記6:11-18
8月21日 「世の屑のステージ」Tコリント4:6-13
8月14日 「イエスの心を受けて」マルコ1:40-45
8月7日 「愚かな者に者になりなさい」Tコリント3:18-23
7月31日 「奉仕者また証人に任命されたパウロ」使徒26:9-18
7月24日 「心に蒔かれる神のことば」マルコ4:1-20
7月17日 「どのように建てるか」Tコリント3:10-15
7月10日 「罪を赦す権威」マルコ2:1-12
7月3日 「ちょっと待ってと言ってみる」Tコリント3:1-4
6月26日 「赦されたもの」エレミヤ31:31-34
6月19日 「神の秘められた計画」Tコリント2:1-5
6月12日 「さらに力ある方」マルコ1:1-8
6月5日 「十字架につけられたキリストを」Tコリント1:18-25
5月29日 道北聖会「福音が前進するために〜荒地に立つ教会」
「誰もいないです。主よ。」マタイ9:1-7
「さあ、共に神のわざを」ヨハネ9:1-7
5月22日 「心を一つに思いを一つに」Tコリント1:10-17
5月15日 「キリストによって建て上げられる教会」マタイ16:13-20
5月8日 「本当に謙遜な人」マルコ7:24-30
5月1日 「この世にありながら聖とされる教会」Tコリント1:1-9
4月24日 「先立ち給う主」Uサムエル5:17-25
4月17日 「あなたへの愛は変わらない」ヨハネ21:15-19
4月10日 「信仰によって踏み出すとき」ヨシュア3:1-9
4月3日 「ガリラヤ湖畔で主と朝食を」ヨハネ2:1-14
3月27日 「主にがっかりしたとき」ルカ24:13-35
3月20日 「私のために死んでくださった」ルカ23:26-49
3月13日 「良きサマリア人の心」ルカ10:25-37
3月6日 「キリストについて行く」ルカ9:51-62
2月28日 「姿を変えられたイエスさま」ルカ9:28-36
2月21日 「イエスとはだれか」ルカ9:18-27
2月14日 「御国の広がりのために」ルカ9:1-17
2月7日 「イエスの落ち着きとあわれみ」ルカ8:40-56
1月31日 「悪霊と主イエスの対決」ルカ8:26-39
1月24日 「信仰はどこにあるのか」ルカ8:22-25
1月17日 「モーセに学ぶ」へブル11:24-27
1月10日 「よい心を持つ生き方」ルカ8:4-15
1月3日 「よけい愛していますか」ルカ7:36-50
2015年 礼拝メッセージ
12月27日 「偉大な主と共に」ルカ7:1-10
12月20日 「シメオンの賛歌」ルカ2:21-35
12月13日 「御使いの賛歌」ルカ2:1-20
12月6日 「マリヤの賛歌」ルカ1:26-56
11月29日 「ザカリヤの賛歌」ルカ1:68-79
11月22日 「隣人との関係」ルカ6:27-36
11月15日 「価値観を覆す」ルカ6:17-26
11月8日 「弟子たちの選び」ルカ6:12-16
11月1日 「人を見上げる神」ルカ19:1-10
10月25日 「九転十起生」ルカ22:39-53
10月18日 「信じ従うものに働く神の力」Tコリント1:18、民数11:23
10月11日 「安息日と自分」ルカ6:1-11
10月4日 「律法と恵みは合い入れない」ルカ5:27-32
9月27日 「主の恵みを見る秘訣」ルカ5:12-26
9月20日 「イエスさまとともに」ルカ5:1-11
9月13日 「思いがけない証人たち」ルカ4:31-44
9月6日 「信じてからどうしたら良いか」ルカ4:14-30
8月30日 「誘惑の意図するところ」ルカ4:1-13
8月23日 「仕えて自由を与えられる」ルカ16:1-13
8月16日 「三位一体の働き」ルカ3:21-22
8月9日 「VIPの登場の準備」ルカ3:1-20
8月2日 「ルカ先生の目標」ルカ1:1-4
7月26日 「主の憐みの大きさ」U列王記22:1-2、ぜパニア3:17
7月19日 「からし種」ルカ17
7月12日 「主が呼んでおられる」マルコ3:7-19
7月5日 「主に立ち返る幸い」ヨエル2:12-13
6月28日 「エリヤの最後の任務」U列王記1:1-18
6月21日 福音の朝
6月14日 「神の忍耐」T列王記21:1-29
6月7日 「落ち込む時」T列王記19
5月31日 「自分と向き合う中で、主とともに歩む」ルカ6:41-49
5月24日 「約束の祈りに答えます!」T列王記18:41-46
5月17日 「主の業にあずかる恵み」創世期50:15-21
5月10日 「いつまでどっちつかずによろめくのか」T列王記18:16-38
5月3日 「奇跡を期待してもよいか」T列王記17:17-24
4月26日 「用いられる器となるために」T列王記17:7-24
4月19日 「心はうちに燃えたのではないか」ルカ24:13-35
4月12日 「一人で空きを埋める・エリヤ」T列王記16:29-17:6
4月5日 「勝利の恵み」エペソ6:10-20
3月29日 「家族の祝福」エペソ6:1-9
3月22日 「キリストは教会を愛する」エペソ5:21-33
3月15日 「光の子供らしく歩む」エペソ5:1-21
3月8日 「赦された」エペソ4:25-32
3月1日 「着替えの大切さ」エペソ4:1-9
2月22日 「キリストのからだの一致」エペソ4:1-16
2月15日 「その祈り」エペソ3:14-21
2月8日 「教会に与えられた務め」エペソ3:1-13
2月1日 「壁が打ちこわされた」エペソ2:11-22
1月25日 「本当の愛に出会った時」ルカ23:39-43
1月18日 「しかし神は」エペソ2:1-10
1月11日 「その感謝と祈り」エペソ1:15-23
1月4日 「神の栄光をほめたたえるため」エペソ1:1-14
2014年 礼拝メッセージ
12月28日 「大いに賛美されるべき方」詩篇96
12月21日 「その妻・マリヤ」ルカ1:26-38
12月14日 「その夫・ヨセフ」マタイ1:18-25
12月7日 「届けられる祈り」イザヤ63:15-64:12
11月30日 「神の永遠の計画」詩篇33:11
11月23日 「平安を知るのに」イザヤ57
11月16日 「神のしもべ」イザヤ50
11月9日 「神さまに拠り頼む」イザヤ43
11月2日 「人間らしく生きる」創世期1:26から2:1
10月26日 「神様との新しい契約」ヘブル8
10月19日 「痛々しい現状の中の主の働き」イザヤ33
10月12日 「祈りとは待ち望む歩み」イザヤ26
10月5日 「新しいことをしてくださる主」イザヤ19
9月28日 「イエスのことを考えよう」ヘブル3
9月21日 「主を見たイザヤ」イザヤ6:1-13
9月14日 「寛大な主とともに」詩篇66
9月7日 「有条件・無条件4」Uサムエル22:1-7
8月31日 「まだ若かったが神を求めることを始めたヨシヤ」U歴代誌34:1-3
8月24日 「十字架のみわざ」マタイ27:45-56
8月17日 「思い上がる恐ろしさ」マタイ26:26-35
8月10日 「再び来られるイエス・キリスト」マタイ24:29-44
8月3日 「神の物を神に」マタイ22:15-22
7月27日 「罪を犯したとき」Uサムエル11
7月20日 「主のめぐみに対して」Uサムエル6
7月13日 「追ってくるめぐみ」詩篇23:1-6
7月6日 「キリストのめぐみを知るには」マタイ19:16-30
6月29日 道北聖会(旭川めぐみ教会にて合同礼拝)
「神を父と呼びまつる幸い」
6月22日 「サウルの残した遺産」Tサムエル31
6月15日 「夫の助けとなったアビガイル」Tサムエル25:23-44
6月8日 「来てくださった助け主」ヨハネ16:1-15
6月1日 「心を見られる主」Tサムエル16
5月25日 「御霊によって」マタイ12:22-37
5月18日 「的を射る、的を得る」Tサムエル14:36-52
5月11日 「選ばれた者」Tサムエル9
5月4日 「主が祝福する生活」Tサムエル2:18-36
4月27日 「あなたは私のとりで」詩篇59
4月20日 「生きている喜び」Tコリント15:12-34
4月13日 「われらのためにご自身をささげられた」マルコ15:1-41
4月6日 「弟子の派遣」マタイ10:1-15
3月30日 「求めよ、そうすれば与えられる」マタイ7:6-12
3月23日 「否定ではなく成就を!」マタイ5:17-20
3月16日 「混乱の中の訴え」詩篇55
3月9日 「不信仰に陥る恐ろしさ」出エジプト32:1-20
3月2日 「主の命令によって」民数記9:15-23
2月23日 「主ののみに仕えよう」出エジプト23:20-33
2月16日 「どこを拠り頼むのか」詩篇52
2月9日 「与えられた自由」ガラテヤ5:1-12
2月2日 「神と太いつながりがある人」ガラテヤ1:11-24
1月26日 「主を求める礼拝」詩篇42
1月19日 「優れたものの見えにくさ」出エジプト14:1-14
1月12日 「主のなさることとその意味」出エジプト6:6-9
1月5日 「新しい事を待ち望む」イザヤ43:14-21
この以前はこちらをクリックしてください。

聖書通読についての情報

聖書通読のページへのリンク(聖書同盟)

いままでのテーマ・メッセージ

過去のテーマ・メッセージのページはこちら

>このページの先頭に戻る




>トップページに戻るto TOP


Midorigaoka Evangelical Christ Church
2018年11月11日
横尾美穂さんをお招きして
コンサートがあります。
ぜひご参加ください。


PDFファイルはこちら


2017クリスマスのご案内
どなたでもどうぞ。



緑が丘福音キリスト教会
チャペルコンサートのご案内

日時:2017年9月17日(日)10時30分から(開場10時)
場所:緑が丘福音キリスト教会(緑が丘南1-1-2-1)
入場無料(自由献金があります。)
申込は必要ありません。
どなたでもどうぞ。

チャペルコンサートのご案内

日時:2017年9月17日(日)10時30分から
場所:緑が丘福音キリスト教会(緑が丘南1-1-2-1)
入場無料・申込必要ありません。
どなたでもどうぞ。

案内PDF(リンク)


2016クリスマス案内


12月24日(土):イブキャンドルサービス
17:00〜18:30

12月25日(日):ファミリークリスマス
10:45〜15:30


2015クリスマス案内


2014クリスマス案内



2013クリスマスイベント案内

ワンディ・アルファ・カンファレンス in 旭川
日時:2013年1月12日土曜日10:00〜17:00
会場:緑が丘福音キリスト教会
講師:永井信義 氏/北秀樹 氏

申込は以下のウェブページをご覧ください。
http://alphajapan.jp/welcome
FAX 電話 ウェブサイトからお申込みください。



2012クリスマスイベントPDF



上記のPDFはこちら


2011クリスマスコンサートのPDF(ポスター)はこちら


PDF(チラシ)はこちら

クリスマスコンサート
 案内PDF(2010)

感動・希望・愛を
共有する貴重な時になりました。

ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

ご出演頂いた
浅里ご夫妻様・山本様
本当にありがとうございました。

皆様のご多幸とご活躍を祈っております。
 
ご案内
NPO法人 札幌室内歌劇場 http://www.opera.or.jp/


年の主な予定 2013
月日 曜日 予定
4月23‐24日
4月28日
5月7‐9日
5月19日
5月26日
5月27‐31日
6月18日
6月24‐28日
6月30日
8月
9月1日
9月3‐4日
9月8日
9月16‐17日
9月22日
9月29日
9月30日
−10月4日
10月13日
10月20日
10月27日
10月29‐31日
11月3日
11月10日
11月24日
12月1日
12月8日
12月15日
12月22日
12月24日
1月1日
1月
2月
3月21日
4月20日
火−水












月-火




















JECA教職者会
年次総会
OMF北海道委員会
大掃除
名寄サンデー
OMF全国委員会
ライフラインの集い
OMF全国年会(札幌・定山渓)
HBIサンデー
JECAキャンプ・夏季聖会
教会バーベキュー(東神楽森林公園)
OMF北海道委員会
招天者記念礼拝
JECA北海道夏季聖会(札幌市教育文化会館)
親睦会
JECA3教会講壇交換
OMF全国委員会

感謝礼拝と聖書入門アルファ・コース(全5回)@
アルファA
アルファB
JECA・OMF合同教職者会
アルファC
アルファD・クリスマス準備委員会設置
クリスマス飾り付け
アドベント@〜
アドベントA
アドベントB
クリスマス礼拝
キャンドルサービス
新年年頭礼拝
ギデオンサンデー
JECA教職者会
北海道JECA地区総会
イースター礼拝

年間の
主な行事
8月の行事

教会昼食会
バーベキュー
12月の行事

クリスマス礼拝
コンサート


案内PDF(2011)


案内PDF(2010)

案内PDF(2009)


>このページの先頭に戻る

>トップページに戻るto TOP


Midorigaoka Evangelical Christ Church

情報サイト

市内 緑が丘福音キリスト教会
永山福音キリスト教会   
旭川めぐみキリスト教会  

クリスタルオブジョイ(COJ):市内で活動中のゴスペルクワイア
道内 北海道聖書学院
チーフーキリスト教学園

・北広島福音キリスト教会リンク

北星学園
国内 日本福音キリスト教会連合
OMFインターナショナル日本委員会
日本ウィクリフ聖書翻訳協会
・放送:PBAライフライン
・出版:いのちのことば社
ネット配信:CGNTV日本:世界のための福音の通路
三浦綾子読書会
海外 OMF
その他 遣僕使の歩み(那珂湊キリスト教会)

>このページの先頭に戻る




>トップページに戻るto TOP


Copyright(C)2009-2018 Midorigaoka Evangelical Christ Church All Rights Reserved.
 
inserted by FC2 system